• トップページ
  • >   カレス サッポロについて  基本理念
  • 基本理念
    原点から考える保健・医療・福祉

    − 暗黙知の理念

    知には、明示知と暗黙知があり、前者は、ことばや文字で伝えることができますが、後者は、なかなか相手に伝えることができないものです。
    医療における“サイエンス”と“アート”も、そのように相対しているように思われます。
    私達が進めている医療の理念も言語だけでは十分に皆様にお伝えすることができません。
    このザン作「カレス」は端正で穏やかな表情の母と安らかに母の胸に頭をもたせかける子が一体となって、際立った心象を私達に伝えています。
    カレスサッポロが、この人間相互の慈しみと信頼の心が活きる場所であるように祈念します。


    − 社会医療法人 社団 カレス サッポロが目指す“受療者の権利”に関する6カ条

    • 受療者には、自分で病院・診療所を選ぶ権利があります。
    • 受療者には、差別されず平等に医療を受ける権利があります。
    • 受療者には、医療について十分に説明を受ける権利があります。
      また、自分のカルテなど診療記録を見る権利もあります。
    • 受療者には、医療従事者が業務上知り得た個人の病気の情報や秘密を守ってもらえる権利があります。
    • 受療者には、いかなる場合にも人間としての尊厳を保ってもらう権利があります。
    • 受療者には、自分の診察・治療に関する情報や医療費について知り、国や市などの公的な援助に関する情報を知る権利があります。

    ※受療者とは、診療や治療を受けるすべての人のことです。
    ※カルテとは、診察や治療についての記録のことです。